育成会の制度

宣言

東北信地域糖尿病療養指導士宣言

われわれは糖尿病の患者さんに寄り添い、耳を傾け、その不安や苦しみを理解しようと努め、患者さんが最善の療養の道を見出す手助けをします。われわれは糖尿病に関する最新かつ正確な知識と技能の習得に全力を尽くします。われわれはいつも糖尿病療養に関するエキスパートであるとの自信と誇りを胸に行動します。われわれは医師や他の職種と協力し、つねにチーム医療の一員として糖尿病の治療や予防に当たります。われわれは同じ信念を持って活躍する全国・全世界の糖尿病療養指導士と交流し、情報交換・切磋琢磨に努めます。われわれはこの地域から糖尿病で苦しむ患者さんが出ない日が来るまで歩み続けます。 われわれは自分達の周囲の小さなことから始め、それが日本やひいては世界の糖尿病予防につながることを信じて活動します。

認定バッジ(りんどう)の解説

東北信 L-CDE ロゴりんどう(竜胆)の花は長野県の県花です。紫色の凛とした姿で群生しないため花言葉は「悲しんでいるあなたを愛する」だそうです。日本糖尿病協会長野県支部はこの花にちなんで「りんどう会」という愛称で呼ばれてきました。

本会の認定バッジはこのりんどうの花に世界糖尿病デーのシンボルマークであるブルーサークルをあしらって会長がデザインしたものです。

東北信地域糖尿病療養指導士宣言

低血糖・シックデイ マニュアル

療養指導で困った事、糖尿病専門医や他のCDEへの質問など、お気軽に。
L-CDEの広場(掲示板)

登録情報の変更依頼フォームページへ

11月14日は世界糖尿病デー
World Diabetes Day