育成会の制度

認定制度について

東北信地域糖尿病療養指導士認定制度について

受験資格

  1. 東北信地域に就労している看護師、准看護師、保健師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、或いはこれらに準ずる医療従事者で特に育成会・認定委員会の許可を得た者。
  2. 2年以上、糖尿病患者もしくは境界型耐糖能異常の人の療養指導に携わった経験のあること(所属長の証明で可)。
  3. 東北信地域糖尿病療養指導士育成会が主催する育成講習会について、単年度に全3回全てに出席をしていること。ただし育成講習会の受講は受験資格として2年間有効とします。

認定試験受験までの流れ

期日受験者
9月

育成講習会受講を希望する方は、育成講習会受講申込書にて事務局宛に郵送またはFAXで申し込む。
同時に受講料10000円を育成会口座に振り込む。
(CDE-J有資格者は8000円) ※更新時の受講も同様です

〆切は9月末の指定日厳守(講習日程の都合上、年度により異なります。)

10月~12月 育成講習会受講(受験には全3回全ての受講が必須)
2月末 受験申込書類一式(受験申込書、5症例分のレポート、療養指導経験の証明書、受講証明カード、医療職免許証のコピー、受験票用の官製はがき1枚、受験料振込み控えのコピー)を提出。
同時に受験料3000円を育成会口座に振り込む。
※〆切期日は認定試験の日程の関係で年度により異なります。
3月初旬 受験票郵送
3月中旬 認定試験
4月末日 合否の通知

※ 必要書類は、東北信地域糖尿病療養指導士育成会ホームページからダウンロードしてください。
※ 振込みの際は、必ず申込者の氏名にて下記の育成会口座に振り込んでください。

振込先口座

八十二銀行岩村田支店
普通 798749
東北信地域糖尿病療養指導士育成会

 

受験申し込み

認定試験を受験する方は必要書類を記入した上、〆切期日(2月末)までに東北信地域糖尿病療養指導士育成会事務局宛てに提出してください。

受験に必要な書類は以下の7点。

  1. 受験申込書
  2. 症例記録用紙(5症例分のレポート)
  3. 療養指導経験の証明書
  4. 受講証明カード(講習会出席の捺印のあるもの)
  5. 医療職免許証のコピー
  6. 官製はがき1枚(表に自分の氏名・住所を記載)
  7. 受験料振込み控えのコピー

※ 療養指導経験の2年が複数の施設にまたがる場合は、証明書を複数枚提出してください。

日本糖尿病療養指導士(CDE-J)有資格者の扱いについて

日本糖尿病療養指導士(CDE-J)有資格者で東北信地域糖尿病療養指導士の資格取得を希望される方は認定試験を免除されます。

ただし東北信地域糖尿病療養指導士育成会が主催する育成講習会に、単年度に全3回全てに出席をしていることが条件です。

申請書類としては以下の5点。

  1. 認定申請書
  2. 症例記録用紙(5症例分のレポート)
  3. 受講証明カード
  4. CDE-J認定証のコピー
  5. 認定料振込み控えのコピー

〆切期日(2月末)までに東北信地域糖尿病療養指導士育成会事務局宛てに提出してください。

認定料2000円を育成会口座に振り込んでください。

資格授与

東北信地域糖尿病療養指導士認定試験に合格した方は、認定料2000円を育成会口座に振込みますと、引き換えに認定証と東北信糖尿病療養指導士の認定バッジを6月の認定証授与式にて配付します。

東北信地域糖尿病療養指導士の資格は5年ごとに更新しなければなりません。5年を過ぎて更新しない場合は資格を失います。

 

資格更新

東北信地域糖尿病療養指導士の更新要件は以下の4点です。

① 資格取得後5年間のうち最低2年間は東北信地域の糖尿病療養指導に従事していること(所属長の証明で可)。

② 東北信地域糖尿病療養指導士育成会の認める研修会・研究会・学会などに参加し、5年間で15単位以上を取得していること。ただし、育成会主催のスキルアップ研修会に5年間で2回以上、育成会主催の講演会に5年間で1回以上の出席を必須とする。

③ 5年間で5症例分の療養指導のレポート、および自分がこの地域のために行った活動についての地域活動レポートを提出すること。

④ 更新年度または更新前年度に東北信地域糖尿病療養指導士育成会が主催する育成講習会について、単年度に全3回のうち2回以上の出席をしていること。

 

更新の手続き   更新の手引き2018.pdf

1.申請方法について

(1)  申込期間:3月1日~年3月31日

(2)  申請書類:以下の書類を整えて提出してください。

①    受講証明カード(黄緑色・更新15単位用) 

※受講証明補助カードは受講証明カード(黄緑色)にホッチキスで止めて下さい ※日本糖尿病学会学術集会、糖尿病学の進歩出席の場合は参加証のコピーを受講証明カードの(規約・注意事項)の欄に、開催日の早い順に重ねて貼付してください。

※糖尿病診療―最新の動向 ~医師・医療スッタフ向け研修講座~ 出席の場合も参加証のコピーを受講証明カードの(規約・注意事項)の欄に、開催日の早い順に重ねて貼付してください。

 

※育成会主催の必須スキルアップ研修会・必須講演会に関しては、認定委員が把握しやすいように、記入欄左端の番号に赤い丸を付けてください。

 

②    糖尿病療養指導 業務従事証明書

③    認定更新申請書

④    糖尿病療養指導自験例の記載用紙No1.~No5

⑤    地域活動業績レポート

⑥    育成講習会の受講証明カード(A4の専用用紙に貼付)

⑦    審査料振込み控えのコピー(A4の専用用紙に貼付)

《注意事項》  

・業務従事証明書については、申請段階で所属する施設の病院長もしくは各所属の上司(長)による証明をお願いします。

休職中などの場合は、過去の職歴(活動歴)や所属施設を記入してご提出ください。特別な証明は必要ありませんが、認定更新の条件にあたるか審査させていただきます。

・地域活動業績レポートについては、どんな身近なことでもかまいません。(患者会や市民フォーラムの参加報告など)

2.認定審査料について

(1)  認定更新審査料は、2,000円です。下記口座に振込み、申請の際に振込控えのコピーを所定の用紙に貼付してください(自動振り込みの場合、ご利用控えのコピーで可)。

振込先口座

八十二銀行岩村田支店
普通 798749
東北信地域糖尿病療養指導士育成会

3.審査結果について

5月下旬ごろまでに通知します。

① 認定更新の条件を満たしていると認められなかった場合(単位数不足、「事例記載」不備など)は、別途通知いたします。

※「糖尿病療養指導自験例の記録」の審査では、再提出を求める場合があります。この場合は、期限までに再提出をされないと資格が失効しますのでご注意ください。 

 

4.認定期間延長申請について

(1)  特別な事情があり認定更新の条件を満たせない場合は、認定期間延長の申請ができます。

※特別な事情:    ①出産、育児、介護休暇   ②病気などによる休職

              ③異動、進学          ④国内外留学、長期出張

              ⑤離職中      ⑥その他

                         (単位数の不足の場合も含み、具体的に記入してください)

(2)  申請時期:1月1日~1月31日

(3)  申請方法:以下の書類を提出してください。

認定更新延長申請書

延長期間は1年間です。翌年度にあらためて認定更新または認定期間延長の申請をしてください。

(4)  認定期間延長の申請は、一認定期間に2回まで認められます。(延長期間は最長2年まで)。認定更新延長申請の際は、認定更新料の振り込みは不要です。

 

 

更新単位の取得できる研修会・学会 

東北信糖尿病療養指導士認定更新に関わる認定講習単位となるものは以下のとおりです。

 

1)以下の学術大会・研修会

日本糖尿病学会学術集会            4単位    地方会は2単位 

糖尿病学の進歩                          4単位 

日本糖尿病協会療養指導学術集会         4単位

 

2)育成会主催の研修会・講演会

*1       スキルアップ研修会              

*2       講演会                    

*1は必須単位とし、5年間で2回の出席。

*2は必須単位とし、5年間で1回の出席。

 

3)県内で行われる研究会・研修会

  東信地区糖尿病スタッフ研究会             

  信州糖尿病研究会                                     

  長野県糖尿病療養指導研究会               

  長野県糖尿病懇話会                   

  SDNet特別講演会         

  北信糖尿病カンファレンス                

  北信糖尿病スタッフ研究会                

  東北信合併症治療研究会

  糖尿病の未来を考える会

  

4)県外で行われる研修会

  糖尿病診療―最新の動向  ~医師・医療スタッフ向け研修講座~

 

※2)3)4)については実施時間により取得単位数が異なります。 

3時間未満の会は1単位、3時間以上1日までは2単位 

 

5) 更新単位を取得する機会が増えることを目的として、

下記の方法で開催責任者の申請を受け、東北信L-CDE育成会が審査し、更新単位を取得できる「認定研修会」として許可する制度を設けます。

―研修会の認定基準― 

①     糖尿病に関わる内容を主とするもの

②     全体に周知・公開されているもの、職種に関わらず東北信L-CDEの有資格者は

        誰でも参加可能であること。(※)

③     東北信地域糖尿病療養指導士育成会認定委員会が更新単位取得に相応した

        水準を保っていると判断したもの

以上の認定基準を満たすものについて、3時間未満の会は1単位、3時間以上1日までは2単位として認定します。

※東北信地域糖尿病療養指導士有資格者に平等に周知するため、開催日の1ヶ月前までには東北信L-CDE育成会ホームページに掲載します。

―申請方法― 

1.申請書の送信 

申請期限は開催日の2ヶ月前までを厳守(例:10月1日開催であれば8月1日締切となる)。

研修会認定申請用紙.docx・・・東北信L-CDE育成会ホームページに掲載の申請用紙シート(word形式)に必要事項を入力して、E-mailにファイル添付し事務局メールアドレスへ送信して下さい。  送信先 E-mail:info@th-lcde.jp

※1週間以内に事務局より返信がない場合は、事務局にお問い合わせください。迷惑メール対策などで受信できていない可能性があります。

 

2.審査結果通知

「認定研修会」として認可された研修会には「受講証明補助カード」を担当者宛に事務局より郵送し、その内容を東北信L-CDE育成会ホームページに掲載します。

 

 

認定制度に関するお問い合わせは

事務局連絡先

〒385-8558
佐久市岩村田1862-1
佐久市立国保浅間総合病院技術部臨床検査科内 森本 光俊
Tel. 0267-67-2295(代表)
Fax 0267-67-4920

振込先口座

八十二銀行岩村田支店
普通 798749
東北信地域糖尿病療養指導士育成会

東北信地域糖尿病療養指導士宣言

低血糖・シックデイ マニュアル

療養指導で困った事、糖尿病専門医や他のCDEへの質問など、お気軽に。
L-CDEの広場(掲示板)

登録情報の変更依頼フォームページへ

11月14日は世界糖尿病デー
World Diabetes Day